*

結婚20年で1億円貯金できた方法!

公開日: : 最終更新日:2015/07/14 貯金の話

お金持ちになりたい

お金持ちになりたい

1人暮らしの独身の頃は、お金があればあっただけ使う、ということではなかったのですが、正直って女性関係が派手だったので、その方面でお金を使うことが多く、ほとんど貯金はありませんでした。だいたい、給料以上にお金を使い、その分をボーナスで補てんする、という感じでした。

ただ30歳前のころに、その派手な女性関係の中から結婚したと思う人が現れ、ひとまず女性関係を1本に絞り、結婚に向けて貯金を始めました。

しかし、なるべく節約して、できるだけ給料を残す、という非常に原始的な貯金方法だったので、いざ結婚しようという時には200万くらいしか貯金ができていませんでした。

結婚前に貯金がいくらある、という話をしていなかったので、いざ結婚してから通帳を見た妻はその少なさに驚いたようです。

そこから貯金生活が始まりました。

妻は、同じ一人暮らしでしたが、学生時代からでしたので、筋金入りで(私は就職してからです)、それも親からは仕送りを受けずに、アルバイトの掛け持ちで生活費と家賃を稼いでいたので、本当にお金に関してはシビアというか、しっかりしたタイプでした。

ですので、まずはその200万を何とか増やすことに努力し始めました。

と言っても、よくあるように私の小遣いを極限まで減らすとか、そういうことはせずに普通に、貧乏な気分を味合わないような方法で、貯金を殖やし始めました。具体的には「家計簿をつけること」です。

エクセルで表を作って、毎月の収入予定額を入れ、それに対する生活費(光熱費、食費、交際費、服飾費など)の予算を決め、その通りに生活していく、という方法です。

当たり前と言えば当たり前ですが、この方法で、毎月毎月貯金が増え、最終的にはマンションを購入してその借金も返済したうえで、結婚20年で1億円ためてしまいました。
妻の貯金もあるので、家計としてはさらに貯金額があります。
正直言って、今会社を辞めても、普段通りの生活をすれば、貯金の取り崩しだけで暮らしていけるほどです。
すべて妻の予算管理のおかげだと思っています。

関連記事

okanegahosii_044

急な出費の備えに貯金は重要です!

この頃では、貯金って大事だなあと思うことが多いです。 実は7年前に車を買い替えたのです

記事を読む

okanegahosii_044

借金返済の教訓から貯金の重要性を知る

  バブルが崩壊してもうかなりの年月が経ちますが、その当時の記憶というものはずっ

記事を読む

お金の不安

全然貯金できないのです。

お金がかかって心配[/caption] お金を貯めようとしても全然たまらない・・。 政

記事を読む

貯金しなくちゃ

親から教わった貯金の習慣に感謝!

毎日少しでも貯金[/caption] 幼い頃から意味もわからず貯金することを続けて来ましたが

記事を読む

定年後、お金が足りない

ネットゲームの課金に愕然

家族の使い込みのせいでなかなか貯金ができません。 まず我が家の家計は主戦力の夫とパートの自

記事を読む

cropped-okanegahosii_051.jpg

突然の出費で貯金がみるみるなくなっていく

結婚して10年になる主婦ですが、突然病気になり、2週間ほど入院することになりました。 当然

記事を読む

貯金しなくちゃ

貯金の仕方おしえます。

毎日少しでも貯金[/caption] お金ってさ、いつでも下ろせる貯金通帳に入っているとすぐ

記事を読む

貯金しなくちゃ

節約をしながら貯めてきたお金が、どんどん減っていく。

毎日少しでも貯金[/caption] 結婚18年目の主婦です。 結婚してから地道に定期

記事を読む

お金の不安

もしもの時のお金についての心配

お金がかかって心配[/caption] 私は20代主婦、子供が1人、旦那と3人暮らしです。 以

記事を読む

お金の不安

収入が減ったため、不用品をオークションで現金化!

お金がかかって心配[/caption]  リーマンショックの頃でした。夫の仕事が激減し、収入が半

記事を読む

itien
アドセンスで稼げるの?

実際のアドセンス収入 パソコンやスマートフォンがあれば比較的簡単

m10
クリスマスなのにお金がない!

今日はクリスマス。 サンタさんはなぜ僕に貧乏を運んでくれるの

すぐにお金を借りてしまう
今すぐ、お金が欲しくても身内から借金してはいけない3つの理由!

今すぐ、お金が欲しくても身内から借金してはいけない3つの理由!

m2
消費者金融の取り立てが心配な方へ

消費者金融の取り立ては本当にキツイのでしょうか? 私の経験か

m10
収入保障保険に興味があったので今日、保険の相談に行ってみた。

今日、保険の相談ショップに行ってきた。 私は50代なので

→もっと見る

PAGE TOP ↑