*

100万円をリボ払いにしたら半分が利子??

公開日: : 最終更新日:2014/12/19 借金の話

100万円の借金

クレジット会社に100万円の借金

私はクレジットカードで、リボ残高が最高で100万近くまで行きました。
1年かけて、地道に返済し、今は残高はありません。

クレジット自体もあまり使っていません。

リボ払いは高金利で本当に危険だと、身をもって知りました。

そもそも、このような事態に陥ったのは、一つは、クレジットカードの併用です。
複数のクレジットを財布に入れていたので、どうしても、今月どのカードでいくら使ったか、というのが把握しづらくなりました。
それから、社会人になって、ある程度まとまった収入を得るようになったこと、
それに伴って、飲み会などのお付き合いも増えたこと、
さらには元々買い物がすきだったので、働き出してからちょっと高めの服なども購入するようになったこと、などなど、
いくつか問題点がありました。

当たり前ですが、そんな生活をしていると、自分が払える金額を超えた請求が来て、リボ払い、という救済を求めるようになります。
もちろん、一度だけそれを活用するのであれば、問題ないと思います。
でもクレジットで、それをしてしまうと、なんとなくまだ大丈夫な気がしてしまうんですよね。
それで結局、どんどん積み重なり、最高にリボが増えた時には、

 

毎月の一定返済額の半分以上はリボの手数料を払っているような感じでした。
つまり残高は全然減らないということです。

 

この現状ではいつか破産だ、と思って、生活の見直しを図りました。
結果、1年かかりましたが、無事に返済を終えることができました。

自分のほしいものを得て、それなりに豊かな生活をさせてもらったとは思いますが、
その分を残しておけば、今違っただろうに、と後悔する日々です。
でもいい教訓として、もう2度と、リボは使わない、と思っています。

クレジット会社って本当に金利が高すぎると思いませんか。

関連記事

okanegahosii_030

消費者金融から50万借りてから完済するまで(多重債務になった)

初めての借金は、消費者金融から50万借りました。 夫婦でパチスロが大好きで生活費が足り

記事を読む

m10

クリスマスなのにお金がない!

今日はクリスマス。 サンタさんはなぜ僕に貧乏を運んでくれるのか・・・ 年末なのに

記事を読む

お金を稼ぐ

FXをする為に消費者金融から50万円を借りてみた・・。

お金を稼ぐ[/caption] FXで稼いでいる人にインタビューしたテレビ番組を観て、これな

記事を読む

お金持ちになりたい

知人の保証人→借金の取り立て→夜逃げから一発逆転!

お金持ちになりたい[/caption] 幼少期に、人が良かった父が知人の保証人になってしまい、多

記事を読む

定年後、お金が足りない

結婚してから借金三昧になってしまうとは、、

結婚したら豊かな暮らしを手に入れられると思っていたのですが、実際の生活はそんなに甘いものでは

記事を読む

okanegahosii_030

奨学金という名の借金200万!

私は大学生のころ奨学金を貰いっていました。 当時アルバイトもしていましたが、それだけで

記事を読む

お金の不安

住宅ローン、車のローン毎月の返済でお金がない・・頭が痛いです。

お金がかかって心配[/caption] 去年結婚して、今の主人の購入したマンションに引越しま

記事を読む

okanegahosii_013

運転資金の融資審査に通って、独立開業

昨年、勤めていた会社を辞めて独立、無事に自分のお店を持つことになりました。 辞める前に

記事を読む

過払い金が戻ってきた!

借金を弁護士に相談してみたら・・

過払い金が戻ってきた![/caption] なんと90万円も過払い金が戻ってきた。 2

記事を読む

すぐにお金を借りてしまう

多重債務で借金返済生活です。苦しいけど・・

キャッシングの誘惑[/caption] 一番大きな問題は多重債務です。 子ども達が産ま

記事を読む

itien
アドセンスで稼げるの?

実際のアドセンス収入 パソコンやスマートフォンがあれば比較的簡単

m10
クリスマスなのにお金がない!

今日はクリスマス。 サンタさんはなぜ僕に貧乏を運んでくれるの

すぐにお金を借りてしまう
今すぐ、お金が欲しくても身内から借金してはいけない3つの理由!

今すぐ、お金が欲しくても身内から借金してはいけない3つの理由!

m2
消費者金融の取り立てが心配な方へ

消費者金融の取り立ては本当にキツイのでしょうか? 私の経験か

m10
収入保障保険に興味があったので今日、保険の相談に行ってみた。

今日、保険の相談ショップに行ってきた。 私は50代なので

→もっと見る

PAGE TOP ↑